アメリカ留学中には食生活管理をしっかりと

アメリカ留学生活中に是非意識して注意してほしい事柄をお伝えします。アメリカは日本と違うところがたくさんあります。まず生活面での大きな違いは、食文化でしょう。アメリカ人は肉を好んで食べ、またファーストフードや糖分をたくさん含んだスイーツや飲み物が身の回りにたくさんあります。

 

日本人は健康意識が高いので、日常から常に体によい食品をとるよう心掛けて生活している人が多いですが、アメリカでは日本と比べるとまだまだ健康意識が低いです。ロサンゼルスに留学した友人は費用節約のために、毎日ファーストフードを食べたり、食後や空腹時にはついチョコレートや甘いケーキ食べてしまい10kg太ったなんていう話もよく聞きます。

 

アメリカでは比較的体の大きな人や太った人が多いので、レストランで出される食事の量も多く、ついつられてたくさん食べてしまって体調を崩すことにもなりかねません。野菜を意識してたくさん食べるように心がけたり、ビタミン剤を摂取するなどして健康管理に気をつけながら充実したアメリカ留学生活を送りましょう。